犬の性格が変わるタイミングとは?

no title

1: 名無しさん@涙目です。(長野県) [IT] 2018/04/06(金) 23:04:02.51 ID:SucT8BqP0● BE:519226807-2BP(2000)

犬の性格が変わるタイミングとは?

「昔に比べて落ち着いたような気がする」や「前は大人しかったのに、最近は少し強気になった?」など、愛犬の性格に変化が表れたと感じる飼い主さんは少なくありません。

人間と同じように犬も成長しますから、その成長過程で様々な経験をし、その影響で性格が変わるという印象を受ける飼い主さんが多いのです。そこでどのようなタイミングで犬の性格が変わる(成長する)のでしょうか。

1.警戒心が生まれ…社会期が終わった直後

生後4ヶ月頃までは社会化期と呼ばれるいわゆる「他の犬や人とのコミュニケーションを多くとることで、社会に適応する能力を身に付ける期間」となります。この頃の犬は好奇心旺盛で怖い物なしといった印象を受ける人が多いです。

しかし、この4ヶ月を過ぎた頃から社会化期が終わり、次のステップに入ります。社会化期で経験した様々な人や犬とのコミュニケーションにより、少々警戒心が強くなる傾向が見られるのです。これにより「臆病になった?」と感じる飼い主さんが増えます。

これは悪い事ではなく、ごく自然なことですので安心してください。まだ何も知らない子どもから、様々な関係性、あるいは外の怖さなどを知ることで1歩大人に成長した証でもあるのです。

2.反抗期?生後7ヶ月前後

人間の場合、中学生頃になると自分の意思がはっきりしてくるため、反抗期に入る子どもが増えることは有名です。実はこの人間で言う14歳に当たる時期が犬の生後7ヶ月前後に当たります。

人間との共存生活に慣れ始め、ある程度のしつけや社会性などを学び終わった時期になります。そのため、自分のしたいことや欲求が現れ始め、人間の子どものような反抗期ではなくとも、飼い主の言うことを聞かないなどの態度が見え始めます。

「この前まではあんなに従順で甘えんぼうだったのに…」と寂しさを感じる飼い主さんもいますが、徐々に落ち着いていきますので心配はいりません。今まで通り接するようにしましょう。ここで甘やかしてしまうとわがままに育ってしまうため、注意が必要です。

http://top.tsite.jp/news/pet/o/39480811/


続きを読む

Source: いぬぱんち
犬の性格が変わるタイミングとは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)